Hello G

記事一覧(15)

バリ島を訪れる際の注意点(ニューイヤーとニュピについて)

バリ島では大きなイベントがある際、交通規制が敷かれ車での移動が出来なくなることがあります。移動手段が車のみとなるバリ島では、大きなイベント時の交通規制は旅行者にとって、とても重要な事柄となります。なぜなら、移動手段がなくなってしまうからです!!< 12/31~1/1にかけてのニューイヤーイベントについて >12月31日の夕方から、クタエリアにてカウントダウンパーティーが開催される為、バリ島では午後から交通規制が始まります。デンパサール国際空港はクタエリアに位置し、その為多くの送迎サービスが12/31~1/1のサービスを休止します。(弊社で取り扱っているゴールデンバードサービス:定額制ハイヤーも同様です。)12月31日にバリ島へ到着される方は、時間によって移動手段がなくなってしまう場合があるので、歩ける範囲のホテル手配などに切り替えるなど、前もって対策を考えることをおすすめします。1月1日に関しても、交通規制が解除されるのは朝の予定ですが、ニューイヤーの為車の手配は難しくなります。(弊社では1月1日分の予約手配を承ることができません。)※既に12月31日~1月1日にかけて航空券を購入されている方で、まだ送迎の手配をされていないのであれば、航空券を手配した旅行会社に早めのご相談をおすすめします。★既に弊社にて12/31の手配が完了している方(予約番号をお持ちで、深夜・午前中利用の方)は、問題ございませんので、ご安心くださいませ。< 2019年のニュピについて >皆様はバリ島のニュピをご存知でしょうか? ニュピはバリ島に住む人々にとってとても重要な日となります。そしてニュピ前日~ニュピ翌日にバリ島へ訪れる旅行者にとっても、重要な日です。バリ・ヒンドゥー教の
新年「ニュピ」。サカ歴の新年にあたるこの日は、バリ島より悪霊が去っていくのを、瞑想をして待つ静寂の日」とされている為、労働・外出・電気や火の使用が一切禁止となります。この禁止事項はバリ島へいる旅行者もふくまれ、飛行機の発着もなくなり、空港も閉鎖します。ニュピの日は毎年3月頃となり、2019年は3月7日がニュピの日となります。また、ニュピの前日は、オゴオゴという厄払い儀式があり、あちらこちらでパレードを行います。ニュピの前日(3/6)は、午後から夜までオゴオゴのパレードがある為、各エリアで交通規制が敷かれます。 ※ ニュピ前日:弊社での空港送迎サービスは午前中のみとなりますニュピ当日(3/7)は外出が一切禁止です。そのため、ホテルから出れなくなりますので、十分にお気を付けください。(警察が巡回をしているので、外出をした場合つかまってしまします・・・)ニュピは3月7日から3月8日の朝日が昇る6時前後まで続きます。ここで・・・このニュピの落とし穴があるのです!!ニュピを知らずに航空券やホテルを手配してしますと、大変なことになります。実は・・・3月7日のデンパサール空港の閉鎖は、3月6日に出発している飛行機がデンパサール空港に全て到着してから行われるのです。 よって、3月6日から3月7日に日付がかわった深夜0時~数時間は、飛行機が到着するのですが・・・既にバリ島全体はニュピの為、送迎サービスが一切ない状況となります。3月6日の午後から3月7日(出発が3月6日で日付がかわる深夜に到着)に、バリへ到着する飛行機を既に予約してしまっている方は、徒歩で移動できるホテルを手配しましょう。※既にニュピに関わる期間にバリ島へ到着する便の航空券を購入されている方で、空港付近のホテルではない方は、航空券を手配した旅行会社に早めのご相談をおすすめします。<お車の利用をご検討中の方は、是非お問合せください。>  ★ブルーバード予約センター★ https://bluebird-hg.jp/  営業時間:月~金 9:30~17:30 (土日祝日休み)  お問合せ先:03-6435-7513   メール:contact@bluebird-hg.jp